2011年1月アーカイブ

picture_ii.jpg
我が家の設計者,飯塚さんが描いた絵を頂きました.
大きさを確認するため,とりあえず階段のニッチに置いてみました.
いいづかさんのブログにあったこの絵ですね.

昨日は,いいづかさん,おおくぼさんにお越し頂いて,ダイニングテーブルの打合せでした.
table_meeting.jpg
打ち合わせ中に写真を撮れなかったので,打合せ後に模型を並べて1枚撮ってみました.(打ち合わせ中の様子は,いいづかさんのブログにUPされています)
写真の今使っているテーブルは750 x 1310.床の紐がいまデザインして頂いているテーブルの実寸でΦ1200 x 1400 の涙型.打ち合わせ中にレジャーシートをつかって実寸で形を作ってみましたが,ちょうど良い大きさでした.

3Fのリビング側が,温まりません.朝晩は,エアコンを26℃くらいに設定しても,フローリングが冷たくてちょっと寒いのです.エアコンの吹き出し方向がリビングと逆向きであることや,東側が一面窓であるため高断熱高気密住宅とはいえ温度差が出てしまうようです.そこで小型のオイルヒーター(500W)を窓際に置いてみたところ,かなり効果がありました.弱くつけているだけですがかなり違います.エアコンの設定も22℃で大丈夫になりました.
oilheater.jpg

飯塚さんより円と直線にこだわるべきというご意見がありましたので,円と接線の角度,長手方向の長さのバランスを比較検討.

tear_top_board_3.jpg

円の部分は全てΦ1200
上の段から接線の角度35°,30°,25°
左から長さ1400,1500,1600

i + i 大久保さんのブログに,ダイニングテーブルの涙型天板と椅子配置の記事がUPされていました.

天板の形は,涙型の尖っている方をカットした形が基本ですが,

・天板のラウンドは現在の形状だと、ちょっと複雑なので、丸と直線でもう少し単純かつコンパクトにする方がまとまりやすい。構造的にもその方が安定する(はねだし部分をなるべく少なくする)

とのことで,円とその接線で単純化した案を頂きました.

円と接線で単純化すると結構印象が変わりますね.(当初のかたちはこちらを参照) 少しシャープな印象で涙型の柔らかな感じが薄くなってしまう感じがしたので,自分でも形を考えてみることに.

tear_top _board.jpg

真ん中がΦ1200の円と30°の接線で単純化した形.
右がΦ1200の円と接円(Φ2400)で描いた形
左は比較の為に重ねて描いたもの.
長さはいずれも1500.

やっぱり直線よりも曲線の方が柔らかさが感じられますね.右の形ほど丸みが強くなくても良いが,直線ではなく多少でもラウンドがあった方がよいかなぁ.でも,そうすると椅子の配置や安定性の問題が出てくるか.もう少し接円の大きさや接する位置を調整して検討してみたいと思います.

今デザインして頂いているダイニングテーブルに合わせる椅子はどうするか? 昔からシンプルモダンといわれる北欧デザインが好きだったので,買うならセブンチェアと思っていたのですが...家が出来て,テーブルをデザインしてもらっているうちに,無垢の木の温もりが感じられる椅子もいいなぁ と思い始めています.

7chair.jpg
Fritz Hansen
Series 7 
Arne Jacobsen (1955)

最初考えていたのはアルネ ヤコブセンの名作,セブンチェア.ベタですが昔から欲しかった椅子です.シンプルできれいなデザイン,いいですね.合板で出来ているので長時間座るのには適さないのかなぁ.写真はクリアラッカーチェリー.材,カラーバリエーションが豊富なのも魅力ですね.あとは基本的に塗装仕上げなので何かこぼしてしまっても手入れが楽なのもポイント.

Ychair.jpg
Carl Hansen & Son
Model No.24
Hans J Wegner (1949)

これも名作,ハンス J ウェグナーのYチェア.無垢材で出来たこの曲線を用いた独特の形は,今検討している涙型+無垢材のテーブルとの相性が良さそう.ペーパーコード(樹脂を含浸させた紙を撚った紐)の座面も座り心地が良いそうです.写真は,チェリーオイルフィニッシュ.手入れには気をつかいそうですが,使い込んでいけば木部の汚れは味になるだろうし,ペーパーコードの座面は張替えが出来るので,そんなに気にする必要は無いか.

i + i 飯塚さんのオススメは,家具蔵の椅子.お尻の形に合わせて彫られた座板は長時間座っても疲れないそうです.モデルバリエーションも結構ありますね.表参道にショールームがあるようなので,今度見に行ってみようかと思っています.

明けましておめでとうございます.

年初に今年のToDoをまとめてみようかと.

1.テーブルづくり
 i + i の大久保さんと進めているダイニングテーブル作り.のんびりじっくりと進めて行きたいと思います.

2.昨年の残り
・2F洗面脱衣室のリノリウム床の貼り直し
・2F寝室西側窓の網戸の位置修正

3.ロフト周り
 ここに住んで9ヶ月,意外とロフトを使用することわかりました.今は,ロフトに出入りするたびに脚立をロフトから下ろしていますが,ちょっと不便です.妻がひとりで出入り出来ないので何とかしたい.やっぱりハシゴが欲しいところ(どこに置いておくかという問題もありますが)
loft.jpg
 西側(冷蔵庫上)の三角形のスペースは正方形のBOXを複数載せて本棚にしても良いか.雑多な物が見えてしまうのでロールスクリーンも付けたい.


4.手摺(内階段)の塗装の補修
 年末に掃除をしていて,手摺の塗装が剥がれて下塗りの赤い塗装が露出していることに気づきました.階段の一番上の部分でみんなが掴むからなのでしょうか.意外に早く剥げてしまいました.使用した塗料を確認して補修する予定.
handrail.jpg

5.2F下駄箱のカビ
 これも昨日,掃除をしているときに,下駄箱の天板(エアコンスペースと下駄箱を仕切っている板の下駄箱側)がカビているのに気づきました.郵便受けがあることと,エアコンがあることなどから湿気が溜まる(結露する?)のか? 扉が反るのも関連がありそう.これは早急になんとかしないとまずい.通気を考えないとダメかな.

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。