土地の最近のブログ記事

契約も目前となってきました.
契約後すぐに行う地盤改良工事で水道が必要ということで,
水道メーターの現状を確認してきました.

meter.jpg
メータは残っていました.
資料通り13mm径でした.

これから銀行に住宅ローンの実行について調整に行って来ます.

更新さぼってましたが,
その間に確認申請はおりました.
http://iplusi.exblog.jp/10091702/
少し修正が必要になりましたが,これでひと安心.
3Fベンチの高さは20cmでOK,
テラスも木デッキOKとなったようです.

現状は,建築請負契約に向けた最終調整中というところ.

現地の方は更地になってから4ヶ月が過ぎ,雑草が生え放題.
ちょっとまずいので,草むしりを実施.
ひとまずは南北それぞれの隣家に近いところを.
land%2B090823.jpg

先日,地盤調査報告書が届いた.
簡単に言えば,10m以上掘っても硬い地盤は無いということらい.
地盤改良は,i+iの飯塚さんがいろいろと調査,調整をしてくれて
意外にも予算内に収まりそう(感謝!).

工法は,タイガーパイル工法というもの.
柱状改良に鋼管の芯を入れるようだ.
建築技術性能証明を取得しているし,地盤保証関係も問題ないようなので一応安心.

先日,i+iの飯塚さんから地盤調査(SS試験)が終了との連絡があった.
しかし,結果があまり良くないとのこと.
良くないというかかなり悪いらしい.
通常の鋼管杭や柱状改良工法ではダメらしく
費用もかなりかかりそう.
地域的に地盤は良くないと聞いていたので
改良が必要になることは覚悟してある程度の予算は確保していたが,
これほどわるいとは思わなかった...甘かったか.
i+i飯塚さんの方でいろいろあたってくれているが,
さあどうしようか...

土地は古屋有りの状態で購入.
古屋は移転登記しない代わりに,
引渡し後90日以内に解体して滅失登記することが条件になっていました.

先日解体も終わったので次は滅失登記です.
通常は土地家屋調査士さんや司法書士さんに依頼するようなのですが,
申請に資格は必要ないそうなので自分で申請してみることに.
(司法書士手数料,数万円を浮かせるのが目的です...)

web等で調べてみると必要な書類は,
1.登記申請書
-->法務局のHPに申請書の様式&記載例があるので,これを参考にして書きます.
2.建物滅失証明書(解体証明)
3.解体屋さんの登記事項証明書
4.解体屋さんの印鑑証明
5.所有者からの委任状(代理人が申請する場合)
6.所有者の印鑑証明(代理人が申請する場合)
7.現地の案内図

2?4は解体屋さんが発行してくれます.
5?6は土地の契約のときに売主さんからもらえます.
7は法務局で備え付けの地図をコピーしてもらえました.

webで必要な書類はわかったのですが,
具体的な申請方法がよく分からないので,
法務局の相談窓口に行って申請方法を教えてもらいました.
(私が行ったのは横浜地方法務局港北出張所)
相談窓口の方が親切でその場で申請書等を修正して
申請を終わらせることが出来ました.

相談&申請してみてわかったこと.
・申請に手数料等はかからない.
・専用の申請書は無いようで書式にしたがって書いてあればよい.
 (Wordなどの雛形がある)
・申請人はあくまでも所有者.
 代理人が申請する場合は,申請書の申請人の欄に申請人,申請代理人を併記する.

後日,登記完了証を取りに行きます.
通常の登記は中3日くらいで完了するようですが,
滅失登記は現地を見に行くとのことで,
2,3日余計にかかるようです.

古屋の解体が終わり更地になりました.
きれいに均してくれたようで道路との高低さもほとんどなくなっていました.
水道,下水,ガス関係は道路側の北側にまとまってます.


3/19,古屋解体の打合せでした.

特にもんだありませんでした.
解体は4月半ばの予定.
あとは,地中に何か埋まっていたりしなければ,
スムーズに進みそうです.

解体費用もばかになりません.
最近はリサイクル法などの絡みで結構費用がかかるみたいです.
木造で,4?4.5万円/坪といったところでしょうか.

写真は解体されてしまう古屋.

本日,無事に土地の引渡しが完了.
これで安心して建物の設計を進められます.

大きなお金が動き出しました.
書類上で数字が動いているだけなので実感がなく,
なんか怖い感じもします.

NEXT
古屋解体&滅失登記

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち土地カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは設計案です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。